パナソニックのドライヤー EH-NE68-PPを使ってみた!

ドライヤーなんて何を買っても大差ないと思っており、今まで1000円~2000円前後のドライヤーを買って使い続けていました。
ところが今回、すぐに壊れるドライヤーをまた買い直そうとショッピングサイトを見ていたところ、一度奮発して良いドライヤーを買おうと5000円近くするものを買ってみました。

購入したのはパナソニックのドライヤーでEH-NE68-PPという型番になります。
EH-NE68-PPのスペックとしては風量が1.9m3/分、本体重量が0.53kg、特徴的な機能としてマイナスイオン(ダブル外吹出し)、温冷ツインフロー、イオンチャージ、速乾ノズルというものが記載されています。
風量が1.9m3というのは相当すごい量のようで、肩より下のロングヘアーなのに5分程度で十分乾燥させることができます。

また中央のノズルからは温風が、EH-NE68-PP本体のノズル周辺から冷風が出ることで乾かされた髪が熱でダメージを受けることなく冷却され、さらにそこにマイナスイオンが吹き付けられることで本当に毛艶が増しているのが体感できます。
この温風を送り出すノズルの形状も特徴的で、縦に細長い強風と弱風を混ぜながら吹き付けることで濡れた毛束をほぐしてくれるようで、乾燥が速くなっているように感じます。

実際にEH-NE68-PPを使用してみて、ドライヤー一つとってもここまで違いがあるなんて正直全く思っていませんでした。
ただ温風を吹き出すだけの機械と思っていましたが、まさか見た目の毛艶まで変わるなんて、良い買物ができたと思っています。