割烹cob、大阪府豊中市にあるカフェのような雰囲気で割烹料理を頂ける店

店名:割烹cob
住所:大阪府豊中市待兼山町21-5
電話:050-5595-0347

割烹cobは、同僚と新年会で飲みに行きました。
阪急石橋駅から大阪大学の方向に徒歩5分くらいの場所にあります。

割烹cobという店名からは、和風の割烹の様な店をイメージしていましたが、いざ行ってみるとオシャレなカフェのような雰囲気がありました。
店内は、こじんまりとしていて、カウンター席とテーブル席が3つあるだけでした。

割烹cobの料理は、飲み放題つきの5500円のコースを頂きました。
カフェのようなお店の雰囲気とは打って変わって、料理は本格的な和食でそのギャップが新鮮でした。

ハマチやホタテの刺身から始まり、白子のポン酢、鴨ネギ、魚介のハンペン、焼き魚、蓮根と海老の挟み揚げ、牛ロースのステーキ、にゅうめんに、モナカのデザートなどコースの料理も色々な料理が味わえ、味、量共に凄く満足がいくものでした。

特に印象に残ったのは、牛ロースのステーキです。
ステーキというよりは、ローストビーフのような料理ですが、合わせてあるみそ大根とフォアグラを一緒に食べるのが斬新でした。和風の出汁との相性も抜群でした。

デザートの塩こぶモナカも今までに味わったことのないスイーツでした。最初は、アイスに塩味が効いていたので、一瞬はえっと思ったのですが、食べる度にその食感と共に癖になる感じでした。

料理の一品一品は、それ程量は無いのですが、割烹cobは様々な料理を味わえるので、価格以上にお得感があります。
割烹cobは、サービスも特に問題ありませんでした。