グリル・プランセス、名古屋の老舗中の老舗の洋食屋さん

名古屋でドォラうまい!洋食を1つあげるとすれば名古屋池下のグリル・プランセスをお薦めします。
昨今は老舗のお店が再開発やらで閉店閉業しており、各地で出張で立ち寄ると残念な思いをすることが多いのですが、あるとホッとするそんなお店です。

グリル・プランセス歴28年の私ですが、お店は前回の東京五輪の年に開業したと話を聞きましたので、60年近い歴史のあるお店です。

名古屋市営地下鉄東山線池下駅を降りて向かって右側へ歓楽街を抜けて、テクテクと歩いて約3分若干わかりづらい部分はありますが看板が出ていますし、昨今はスマホにマップ機能がついてますから問題なく、たどり着けると思います。

地下1Fのお店ですが入り口にグリル・プランセスとドーンと店名が書かれてますから迷う要素はないです。
テレビや雑誌でもう数えきれないほど取り上げられてるお店ですが、場所的には名駅や栄から離れている分入店は楽です。

グリル・プランセスは、シャトーブリアンがお薦めだったり、的矢ガキが冬が有名なのはご存知の方も多いと思います。
特に牡蠣については冬限定なので外の立ち看板や店内の入り口にも例年書かれていますから、まあこの時期避けて通ることはできないでしょう。

気さくで名古屋で有名な名物オーナーもお店で声をかけてくれますので、冬にいったら漏れ無く食べてしまう逸品です。
シャトーブリアンに関してはお腹に溜まりますので、これについてはお好みで頼むといいと思います。

雑誌やらテレビで紹介されていないようなメニューも旨いんです。
そしてどのメニューもそれなりにボリュームがあるので、ドンドン頼むとなかなかにあとで後悔します。

特にグリル・プランセスのライス系のメニューはガッツリくる量です。
そして名古屋っぽい1品を頼みたいなら、極めて地味ですがミートボールスパゲッティ、あんかけスパゲッティではないですが名古屋っぽいメニューです。

本当に昨今歴史のある老舗の店舗が閉店するなか、グリル・プランセスは貴重な一店だと思います。

店名:グリル・プランセス
住所:名古屋市千種区高見2-13-14 堀清ビルB1
電話:052-761-5432