本を売るならメルカリがおすすめな理由を解説!

引っ越しや、断捨離を機に古本を手放す方もいますよね。
そんなとき、どう処分しようか迷うことはありませんか。

おすすめは、老若男女に人気。簡単に物を売買できる、メルカリで出品することです!
私が実際にメルカリに出品したときに感じたメリットを紹介します。

本を売るならメルカリがおすすめな理由その1.自分で決めた値段で出品できる

買取をしてもらうと、値段を査定されて、お店の提示した金額で本を売ることになります。
それをメルカリで出品すれば、自分で値段を決めて売ることができるんです。

そうすれば買ったばかりで新品に近い新刊なのに、定価の1/10以下の値段になってしまった・・・ということも回避できます。
私は新品に近い新刊は、定価の8~9割くらいの値段でメルカリで出品しています。

本を売るならメルカリがおすすめな理由その2.利用者が多いので売れやすい

新品に近いといっても、定価の8~9割の値段で本当に売れるの?と思われるかもしれませんね。
もちろん、すべてがうまく売れるわけではないこともあります。

ただ、世間で話題になったベストセラーや、有名サイトなどで紹介されているタイトルはとても売りやすいです。
また、メルカリは利用者が多いので、多くの人の目に触れる機会が多く、有名な作品でなくても売れることは十分にあります。

もしいつまでも売れ残ることがあれば、価格を再設定してみると売れることもあります。
メルカリでの出品はとても簡単で、価格も自分で決められるので、本を売る場所に迷ったら一度試してみるといいですよ。

参考:本を売るならメルカリ