知音食堂、池袋にある中国人も好きな中華・四川料理店

東京池袋にある中華料理店 知音食堂(ちいんしょくどう)は池袋北口から少し歩いたところにあります。

「中国人が作った料理が食べられそう」な赤い看板や料理の写真に惹かれ入店してみました。

知音食堂は、少しアンティークなテーブルやいすが並んでおり、中国語で会話している家族がすでに食事をしていました。

メニュー量はそこそこ多く、知音食堂の店員の接客は比較的淡泊ではあるものの対応はきちんとしていました。

辛いものが好きな私と中国出身の友人と写真を見ながらより辛そうなメニューと、日本ではなかなか見かけない「空芯菜」という野菜を使用したメニューを注文。

「空芯菜の炒め:\980」は空芯菜ならではのしゃきしゃきした触感を残しながら、ニンニクの香りが食欲をそそり最高の前菜です。

「豆腐干の千切り和え:\680」こちらもなかなかスーパーではお目にかかれない、触感の良い1品。豆腐を乾燥させた材料をシンプルに和えたもので1度食べたら好きになること間違いなし。パクチー好きにもおすすめした料理です。

メインに注文した「四川風辛い牛肉の煮込み:\1280円」はすっきりとした辛さがやみつきになる1品に。
白ごはんよりも炒飯や焼きそばと一緒に食べることをおすすめします。

知音食堂は、中国人の友人も、何度も中国に訪れた私も、本場中国の味を楽しめる中華料理店でした。
池袋に訪れた際にはぜひ探してみてください。

店名:知音食堂(ちいんしょくどう)
住所:東京都豊島区西池袋1-24-1 宮川ビル B1F
電話:03-5951-8288