カテゴリー: 和食

たかおか魚苑、宮崎の山と川の幸を使った炭火焼き店

たかおか魚苑は、浦之名川河畔にある炭火焼きと時期的に鍋料理を提供しているお店です。
古民家風であり、薪ストーブのある造りにふさわしいBGMも流れ、落ち着いて食事ができると評価されています。

たかおか魚苑はプライベート感のあるお座敷もあり、囲炉裏を囲めるテーブル席もあり、小さいお子さん連れのご家族でもゆっくりくつろげることも評価されています。

たかおか魚苑おすすめメニューは通年ならば、宮崎のブランド牛であるサシが適度に入った牛肉、鶏のせせり、焼き野菜などがセットになった炭火焼きA定食(2430円)です。
網が用意されるので、自分たちで焼くスタイルになりますから、好みの焼き加減でいただけます。

また、イチオシとなるのは、鮎やマスなどの川魚ですし、期間限定になり、提供されていればラッキーだと言われているのが猪肉です。
また、常連さんだから知るメニューとなるのが、清流に育ったクレソンを混ぜ込んだクレソンめしで、これは冬から春にかけてのたかおか魚苑の名物ごはんになります。

自然に囲まれているので、その散策ついでに利用するのもアリで、スタッフも気さくに声をかけてくれます。

店名:たかおか魚苑
住所:宮崎県宮崎市高岡町浦之名801
電話:0985-89-1270

延岡市で郷土料理を堪能したいのなら老舗の日本料理 高浜

地元で採れる食材は、旬を意識しており、老舗ならではの盛り付けにも目を向けてほしい旨を料理人も伝えていらっしゃいます。
高浜は、日本料理の店ですが、延岡に郷土料理などがなく、先代の女将によって生み出された郷土料理『めひかり』を提供しています。

郷土料理発祥のお店として、高浜は地元民から人気がありますが、大正5年創業の老舗店であるため、県外からのゲストを迎える接待にも利用されているようです。
淡白な味わいのめひかりは、唐揚げ、姿焼き、南蛮漬けなど多彩な料理で味わえます。

その時々で変更もありますが、9品が登場するめひかりのフルコースのほか、7品がセットのめひかり定食も高浜で大人気なのだそうです。
料金相場は昼1500円、夜3000円です。

高浜は日本料理のお店ですから、お座席のほか、カウンターがあり、肩肘張らずに気軽に利用ができます。
ランチは11:00〜14:00まで、ディナーは17:00〜21:00までです。

日曜日が定休日ですが、予約があれば営業してくれるそうで、急な接待にも利用できるのはありがたみを感じられますし、もてなしもしっかりサービスに付帯されています。

店名:日本料理 高浜
住所:宮崎県延岡市北町1丁目2-11
電話:0982-32-2366

ひつまぶしが美味しい!宮崎県都城市のお箸処 北諸 志比田本店

店名:お箸処 北諸 志比田本店
住所:宮崎県都城市志比田町11033-3
電話:0986-24-3700

お箸処 北諸 志比田本店は、何度も行ったことがあるお店です。

特にオススメなのは、ひつまぶしです。
牛、豚、鶏、鰻の4種類あります。

牛は宮崎牛、鶏は出水鶏、など素材にもこだわりを持っています。
私が食べたことあるのは、牛と鰻です。

味はもちろんのこと、ボリュームも結構あり、かなりの満足感があります。
また、コース料理もおいしいです。

お箸処 北諸 志比田本店のコース料理は季節ごとに内容が変わります。
また、苦手な食べ物やアレルギーのある方は、事前に伝えておくと代わりの料理を準備してくれます。

お酒は、生ビールがおいしいです。
キリンのブラウマイスターが飲めます。

ブラウマイスターが飲めるのは、都城市ではお箸処 北諸だけです。
食事で行っても、飲みで行っても十分満足できます。

北諸はかなりの人気店ですので、行くときは予約することをオススメします。

チャージ500円かかりますが、個室もあります。
この個室も雰囲気がいいところなので、デートでも使えます。

個室では、他の席の声はほとんど聞こえず、こちらの声が漏れることもないです。
志比田本店の他に三股店もあります。

ぞうすいのお店 お通、宮崎市高松町のあるぞうすい専門店

ササッと提供してくれる速さもあり、お一人様でも入りやすいアットホームな雰囲気のある「お通」は、宮崎本店のみならず、今や福岡や鹿児島にも店舗を拡大している人気店ですが、ぞいすいだけの老舗、47年守り続けるニラぞうすい(820円)は、はしご酒のシメに食されているほど、不動の人気メニューです。

年々、ぞうすいの種類も増えている中で、お通のニラぞうすいは、ふわふわの卵、旨味たっぷりの出汁がお米に染み込み、胃腸の弱いシニア世代からも人気を集めています。
新鮮だからこそ、火を通しすぎない程度に熱を加えたニラは、歯ざわり、香りが良いと言われています。

種類も20種類を超えるほどですが、追加できるトッピングによりオリジナルのぞうすいを作り出すこともできます。
若い世代には、チーズぞうすい(820円)、キムチだったり、鶏の旨味が出汁に溶けだすぞうすいまで提供されています。

お通は予算も800円台〜1200円ほどで、年中無休、18:00~翌3:00という深夜帯まで営業していますし、金・土・祝祭日前翌5:00というサービスも夜勤の方々から評価されています。

店名:ぞうすいのお店 お通
住所:宮崎県宮崎市高松町1-28ブラウン館ビル1F
電話:0985-26-2821

ぎふ初寿司 西柳ヶ瀬店、岐阜市にある本格的なのにすごく安い寿司店!

店名:ぎふ初寿司 西柳ヶ瀬店
住所:岐阜県岐阜市柳ケ瀬通5-12
電話:058-262-1080

岐阜県では結構有名な回らないお寿司屋さんである、初寿司の柳瀬にある店舗です。
柳瀬商店街の一角に存在し、西柳瀬の方にあります。

ちょっと子供と行くにはというところも周辺にはありますが、初寿司がとてもお勧めできる飲食店なのには理由があります。

お寿司だから高いのだろうな?と思うかもしれませんが、初寿司が結構安いお値段であることに驚きがあります。

何とも大きな大あなごが一匹分使われているお寿司に関しては、なんとそれだけで440円!!!!
とても安いだけではなく、味もしっかりとしており、本格的なお寿司屋さんなんです。

初寿司はその他の料理も、高級魚を丸々使っているようなものが、1000円未満で食べられるものが多くタイ、カサゴといったものも手軽に食べやすくなっています。
お寿司に関しても、ネタやシャリの大きさも十分あります。それでいてこれだけ良心的な価格なのです。

これだけいい海鮮ものが、安く多く食べられるお店というのは、岐阜だけではなく他を探してもなかなかないでしょう。
岐阜でお寿司屋さんに行くというのであれば、初寿司は外せないものだと思います。

高知県高知市にある愛禅はくつろぎ空間満載で大満足

店名:愛禅
住所:高知県高知市はりまや町1-4-11
電話:088-861-4282

愛禅は、はりまや町という高知市のまんなかにあります。
電車通りとなっているので電車ですぐに到着します。
高知駅からも近いので、歩いていけます。

愛禅がいいのは、なんといってもくつろぎ空間を演出しているところですね。
居酒屋という感じではなく高級な店という部類です。

しかし畳の部屋ではなく、リラックスできるように座り心地の良いソファが準備されています。
そのソファに座ることにより、時間を忘れてしまうほど長くいたくなるそんな店です。

愛禅の店に入ると、ざわざわした感じは全くなく、大人が利用する店です。
小さい子供さんは入ることができません。

それをコンセプトの一つとしているんですね。
大人の静かな時間を感じられる高知では珍しい店です。

しかもそれだけではなく、愛禅の料理も絶品です。
盛りつけから高級感を漂わせています。

少し価格が高いと思うものもありますが、珍しい食材を使ってもののあり、その点では来て食べる価値があります。
フォアグラ、目の前で焼いてくれるかつおのたたきなどはその中でも特別な時間として確保したいですね。

愛禅は、そのほかの料理もどれも美味しいし、盛りつけに感動することができます。

滋賀県野洲市にある鮎料理がリーズナブルに味わえる鮎家の郷

店名:鮎家の郷
住所:滋賀県野洲市吉川4187
電話:077-589-3999

鮎家の郷は、家族旅行で琵琶湖に行った際、8人で昼食に行きました。
観光バスも駐車する事の出来る大規模な駐車場も併設されており、混雑するお盆の期間でしたがすぐに停めれる事ができました。

1階には、鮎家の商品や滋賀県の特産品を購入出来る大規模な土産物店があり、2階がレストランとなっています。
レストランは、中は広々としていて、琵琶湖が見える面は、ガラス張りとなっていて、開放感があります。

ただ、鮎家の郷mp内装や家具の古さが目立っていて、決してオシャレな空間とは言えません。

鮎家の郷のメニューは、名物である鮎を使った料理からビワマスや近江牛、鰻料理など多岐に渡っていて、何をオーダーするか凄く悩みました。

結局頼んだのは、1380円の大鮎を使った天ぷらうどんでした。
想像以上に大きな鮎の天ぷらが、うどんの上にのっていて迫力がありました。

その鮎の大きさから、大味なのかと思ったのですが、凄くジューシーで、甘みがあってびっくりしました。

また、天ぷらもサクサクで、お店が流行っている訳がよくわかりました。
サラダバーが付いている事も嬉しい点でした。
鮎家の郷は、リーズナブルに鮎料理を存分に味わえるオススメのお店です。

Proudly powered by WordPress